クラビット服用中に運動や運転はしてもいいの?

クラビットと運動・運転は並行しても大丈夫?

 

クラビットに限らず、医薬品を服用している間は運動や運転といったことはしてもいいのか気になると思います。

 

ここでは、クラビットと運動・運転の関係を解説していきます。

 

クラビットと運動の関係とは?

 

クラビットの添付文書を読むと、

 

重篤な心疾患(不整脈、虚血性心疾患等)のある患者[QT延長を起こすことがある。]

 

とあります。とはいえ、添付文書でも「注意」となっている部分であり、「禁忌」ではないので、それほど気にしすぎる部分でもないでしょう。そのため、もし不整脈や心筋梗塞などの症状があり、治療中と言った場合はクラビットと運動の並行は避けたほうがよいですが、とくに心疾患がない状態であれば、クラビットを服用中でも、軽度の運動なら問題ないでしょう。もし激しい運動をする場合は、念のため、事前に医師に聞いておきましょう。

 

とはいえ、クラビットを服用中ということは、なんらかの症状の治療中ということになります。特に、気管支炎や肺炎、扁桃腺炎、副鼻腔炎などの治療中であれば、そもそも運動は控えるべきです。運動したいとしても、今かかっている病気の症状と相談しつつ決めるということは忘れないでください。

 

クラビット服用中は運転してもOK?

 

自動車事故の原因が、医薬品による意識障害だったという事件が相次ぎました。そのため、「クラビット服用中に運転してもいいの?」と気になっている人は多いでしょう。

 

結論から言うと、クラビット服用中の運転は基本的には問題ありません。一応、クラビットには「意識障害」「ぼんやりする」といった副作用が認められていますが、添付文書によると発症率は0.1%未満となっているので、1000人に1人以下ということになります。もちろん、クラビットにあらかじめそういった副作用があることを意識して運転する必要はありますが、意識しすぎて仕事などに支障が出るのも問題です。

 

>>副作用は?不眠や下痢・腹痛の症状が出ることも

 

もしクラビットを飲んで急に意識が遠くなったり、ぼんやりするようなら、別の抗菌剤に切り替えるなどして対処しましょう。また、万が一運転中にそういった症状が出る場合は、速やかに車を路肩に寄せて意識が戻るのを待つようにしましょう。

 

むしろ、クラビットには「不眠」という副作用も低確率ながら認められているので、その対応として睡眠薬を服用するケースもまれにあるでしょう。そんなときは、むしろ睡眠薬のせいで運転中に眠くなることが考えられるので、十分な注意が必要です。