クラビットと一緒に飲むべき整腸剤などを解説

クラビットと一緒に飲むべき医薬品とは?

 

クラビットには併用注意となる医薬品があります。 >>ロキソニンなどの飲み合わせの悪い医薬品・食品をチェック!

 

ただ、その逆にクラビットと一緒に服用した方がいい医薬品もあります。ここでは、そんな医薬品を紹介します。

 

腸内細菌バランスを保つ整腸剤を併用しよう

 

クラビットなどの抗菌剤には副作用があり、中でも便秘や下痢といった腸内環境に関わる副作用がよく見られます。

 

>>副作用は?不眠や下痢・腹痛の症状が出ることも

 

クラビットを服用すると体内の病原菌を倒すわけですが、あわせて腸内の善玉菌もやっつけてしまうことがあり、そのせいで腸内環境が乱れてしまうのです。その結果、下痢や便秘と言った副作用が見られることになります。

 

そのため、病院でクラビットを処方してもらう場合は、同時に整腸剤を処方してもらい、腹痛・下痢・便秘といったお腹周りの副作用を予防しようとするわけです。

 

目次

 

どんな整腸剤があるの?ラックビーやビオフェルミン、ビオスリーなどを解説

 

整腸剤というのは、基本的にはビフィズス菌や糖化菌など、腸内にもともとある善玉菌が含有されているもののことです。腸内バランスを保つ役割があります。

 

薬品名

含有成分

市販

ラックビー

ビフィズス菌ロンガム種

なし

ビオフェルミン配合酸

ラクトミン、糖化菌、

なし

ビオフェルミン錠

ビフィズス菌

新ビオフェルミンS

ビオスリー

ラクトミン、酪酸菌、糖化菌

ビオスリーHi錠

ミヤBM

酪酸菌(宮入菌)

なし

 

代表的な医薬品は↑の5種です。ビオフェルミン、ビオスリーに関しては市販薬もあるので、個人輸入などでクラビットを使用する場合はこれらの市販薬も併用したほうがよいでしょう。

 

耐性乳酸菌とは?エンテロノンなどが該当

 

抗菌剤は細菌をやっつける効果があるものなので、善玉菌も倒してしまうのが問題です。であれば、普通の整腸剤を飲んで善玉菌を補充しても、結局やっつけられてしまうのでは?という疑問があります。

 

この疑問については意見が2つに分かれています。1つは、「乳酸菌は死んでいても効果が変わらないので、普通の善玉菌を補充すればOK」という説です。そのため、通常の整腸剤をそのまま飲みなさいという医者も多くいます。

 

2つ目は、抗菌剤に耐性のある「耐性乳酸菌」を取って、腸内で善玉菌が死ににくくしたほうがいいという意見です。事実、耐性乳酸菌を使った整腸剤もいろいろあり、薬品名の末尾に「R」と付いています。

 

ラクトミン入りの整腸剤は牛乳アレルギーに注意

 

整腸剤には、製造過程で脱脂粉乳を使用している商品があります。↑で取り上げた医薬品で言えば、「ラックビー」が当たります。

 

ラックビーは市販薬がないので誤って購入する可能性は低いですが、医師が患者の牛乳アレルギーを知らずに処方してしまうケースは考えられます。牛乳アレルギーがある場合は、ビオフェルミンなどを選んだほうがよいでしょう。

 

薬品名

含有成分

市販

ビオフェルミンR

耐性乳酸菌

なし

エンテロノン-R散

耐性乳酸菌

なし

ラックビーR散

耐性乳酸菌

なし

 

↑のように、基本的には末尾「R」のものは耐性乳酸菌となります。

 

耐性乳酸菌剤については市販はされていませんので、入手方法は処方のみとなります。どうしても耐性乳酸菌にしたいときは、医師によってはもし通常のビオフェルミンなどを処方しますが、「Rにしてください」と頼めば変えてくれる場合が多いです。

 

通常の整腸剤を処方されることが多いことから、一般的には耐性乳酸菌でなくても問題ないと考えられます。しかし、もともとお腹が弱いなどの理由があるなら、耐性乳酸菌のエンテロノンRやビオフェルミンRほうを選んでみてもよいでしょう。

 

ヨーグルトを食べるのはアリ?

 

ヨーグルトには生きた乳酸菌が含まれているので、クラビット服用中に意識して食べるのはアリでしょう。最近は多種多様な効果が期待できるさまざまな菌種を使ったヨーグルト製品が多く市販されています。しかし、「整腸作用」については共通しているので、基本的にはどのヨーグルトを食べても効果が見込めるでしょう。

 

中には、美肌効果やメタボ対策、自律神経調整などの効果がついているヨーグルトもあります。クラビット服用中は、コンビニなどで好みの効果があるヨーグルトを買って食べるとよいでしょう。

 

また、乳酸菌入りのサプリメントや青汁などもあり、クラビット服用中の整腸作用に役だつはずです。

 

とはいえ、腸内環境を整えることに特化したビオフェルミンなどの医薬品に比べると、どこまで効果があるかは未知数です。やはり、日ごろお腹の調子が悪くなりがちなのであれば、整腸剤のほうを利用したほうがよいでしょう。

 

整腸剤を飲んでも下痢が収まらない場合

 

整腸剤は、あくまで善玉菌を補充して腸内バランスを整える役割しかありません。その結果、悪玉菌に対抗でき、便秘や下痢が収まるのを期待するものです。

 

なので、クラビットの副作用を受けやすい人の場合、整腸剤を併用していても下痢・便秘が収まらないことはあります。そんなときは、むやみに整腸剤を増やしたりはせず、クラビットの使用をやめるほうが無難でしょう。腸への影響が出にくい抗菌剤に変更するなどの対策を取りましょう。