クラビットとアルコールの影響は?飲酒をすると悪酔いする?

クラビット服用中のアルコールの影響は?

 

薬局で抗菌剤をもらうとき、「お酒は控えてくださいね」と言われた経験をした人もいるでしょう。クラビットも抗菌剤の一種なので、アルコール(飲酒)は避けたほうがよさそうなイメージがあると思います。

 

ここでは、クラビットとアルコールの関係について解説していきます。

 

クラビットの添付文書からアルコールの影響を見る

 

医薬品によっては、アルコールと併用することによって医薬品の効果が弱まったり、逆に強くなりすぎると言ったことが起こります。例えば睡眠薬の場合、睡眠薬とアルコールの効果が合わさって、睡眠効果が強く出過ぎることがあります。そのため、併用禁忌となっています。

 

ではクラビットはどうかというと、添付文書には「アルコール」の記載がありません。そのため、クラビットとアルコール(飲酒)を同時にしたとしても、クラビットの効果を弱めたり、逆に強くしたりということは心配しなくてよさそうです。

 

また、アルコールには依存性があり、長期間飲み過ぎるとアルコール依存症のリスクがあります。先ほど取り上げた睡眠薬にも依存性があるので、併用するとお互いの依存度を高めてしまい、アルコール依存症(もしくは睡眠薬の依存症)になってしまう可能性が高まります。

 

一方、クラビットは長期服用するものではなく、依存性もないため、アルコールと併用したからといって、アルコール依存症のリスクを高めるといったことはありません。

 

そういった意味では、クラビットとアルコールの併用によるリスクはあまりないように見えます。

 

クラビットとアルコールの併用リスクとは

 

ではなぜ、医師は抗菌剤(クラビット含む)の服用中はお酒の摂取を控えるように言うのでしょうか?ここでは2つの理由を紹介します。

 

副作用が似ている

 

アルコールを飲みすぎると、

 

  1. 吐き気
  2. 頭痛
  3. 心拍数が上がる

 

といった症状が出ることがあります。実はこの症状はクラビットの副作用にもあるものです。 >副作用は?不眠や下痢・腹痛の症状が出ることも

 

つまり、クラビットの副作用と、アルコールの飲みすぎによる症状が重なってしまい、強い症状になってしまうことがあるのです。

 

肝臓の代謝が阻害される

 

お酒を飲んでアルコールが体内に入ると、肝臓で分解されます。

 

アルコール → アセトアルデヒド → 酢酸

 

分解ルートは↑のとおりですが、この「アセトアルデヒド」は通称「悪酔い物質」と呼ばれ、体内に残っていると酩酊や二日酔いの原因となります。お酒に弱い人ほど、アセトアルデヒドの量が多くなり悪酔いしやすいと言われています。

 

そして、クラビットを服用すると、肝臓の代謝機能が阻害されてしまい、アセトアルデヒドを分解する能力が弱まってしまうとされているのです。つまり、普段お酒に強い人もアセトアルデヒドが残留しやすくなり、悪酔いして吐き気が出たり、最悪意識を失ったりけいれんを起こしたりと言ったことが起こるのです。当然、お酒に弱い人だと普段よりもひどく酔いやすくなるでしょう。

 

どうしてもアルコールを飲まないといけないときは

 

すでに解説したように、クラビットとお酒の併用は「悪酔い」の原因となり、吐き気や頭痛を増強してしまう恐れがあります。なので、晩酌など一人で飲む癖がある場合は、クラビット服用中はなるべく避けたほうがいいでしょう。

 

また、仕事の付き合いや冠婚葬祭の、お酒をすすめられてしまい、どうしても断りきれない場のときはできるだけ量を減らすようにしましょう。酔いやすくなるとはいっても、全く飲んではいけないというわけではないので、できるだけセーブすることでリスクは最低限にすることができます。

 

また、うっかりお酒を大量に飲んでしまったとき、あわてて「明日はクラビットを飲むのをやめておこう」と考えるのはNGです。クラビットを含む抗菌剤に関しては、決められた分量を毎日飲むことが非常に大切だからです。アルコールは半日程度空ければでかなり影響を下げることができるので、もし前日夜にアルコールを飲んでしまったなら、半日あけて次の日の昼以降になってからクラビットを飲むなど、丸一日開けないようにする工夫をしましょう。

 

確かにクラビット服用中も、少しの飲酒ならそれほど問題にはなりません。しかし、お酒は一度飲み始めるとなかなか歯止めが効かなくなるものです。であれば、初めから一切飲まないと決めておいたほうが安全でしょう。