クラビットの効果や通販方法について解説

クラビットの通販方法や効果を解説

ここでは、クラビットの通販方法や、詳しい効果などについて解説しています。実際に購入や使用をする前に、ぜひ一度お読みください。

 

目次

 

クラビットとは?

クラビット(成分名:レボフロキサシン)はグラム陽性菌とグラム陰性菌の両方に活性のある抗菌剤です。

 

2008年から一斉にクラビットのジェネリック薬の発売が開始され、個人輸入によって安い通販が可能になっています。

 

クラビットの通販で注意すべきことは?

 

クラビットを通販するうえで、押さえておきたい注意点を紹介します。

 

価格が安いこと

当たり前ですが、「できるだけ安く買える」というのは大切です。

 

すばやく届くこと

クラビットは抗菌剤なので、早く欲しいこともあるでしょう。ただ、個人輸入はどうしても海外からの取り寄せなので、業者によっては何週間もかかる場合があります。なので、クラビットが最速・最短の通販ができる業者についても注目しておきましょう。

 

安全性が高いこと

クラビットを個人輸入する場合、安全性にも気をつけましょう。ニセモノなども出回っているので、品質保証のある個人輸入業者からクラビットを買う必要があります。

 

最適のクラビット個人輸入業者はコレ!

 

クラビットを扱っている個人輸入業者はいろいろありますが、その中で条件に合った業者を紹介します。

 

【価格重視】ならコチラ

オオサカ堂

オオサカ堂は創業19年の老舗で、利用者も最大クラスのためかなり価格が抑えられているのが特徴です。届くまでの期間も「最短5日、平均1週間程度」となり、ある程度早い通販が可能です。

 

クラビットに関してもジェネリックであれば最安値で1錠あたり40円程度となり、激安・格安で購入したいなら最適の業者と言えるでしょう。クラビットを常備薬としてキープしておく目的での購入にも適しています。

 

 

おすすめは「Cipla」製のクラビットジェネリック「レボクイン」で、1箱で100錠も入っており、1錠あたり約30円とかなり激安で購入できます。クラビットのレビューも大量にあるので購入前に見てみてください。

 

>>クラビットジェネリックの詳細を見てみる<<

 

クラビット1錠価格 到着時間
30円~(変動アリ) 最短5日 詳細

 

【最短・最速の到着】ならコチラ

ベストケンコー

ベストケンコーは商品数が多く、タイムセールなどさまざまなサービスもやっている大手の個人輸入業者となります。

 

到着が早いのが特徴で、最短・最速で4日、長くても10日以内には届くスピーディさがうれしい点です。

 

価格面はオオサカ堂よりもやや高いですが、「今すぐに欲しい」というときには役だつ業者と言えるでしょう。

 

ベストケンコーでも「Cipla」製のレボクインは販売されていますが、1箱100錠の購入だと1錠あたり45円とオオサカ堂よりやや割高。3箱(300錠)のまとめ買いなら1箱あたり29円と、オオサカ堂よりほんの少し割安となります。大量に常備しておくならベストケンコーで買うのもよいでしょう。

 

>>クラビットジェネリックの詳細を見てみる<<

クラビット1錠価格 到着時間
40円~(変動アリ) 最短4日 詳細

 

レボクイン以外にもクラビットのジェネリックはいろいろあります。「レボクインは安いのはいいけど、1箱100錠はちょっと多いかな・・・」と言う場合は、その他のクラビットジェネリックも見てみてください。

 

「クラビット」で検索すると、いろいろなジェネリックを見ることができます。

 

液タイプの目薬・点眼薬のクラビット通販

クラビットの目薬・点眼薬(液タイプ)の通販についても、各個人輸入業者での取り扱いがあります。

 

商品タイプはそれほど種類はなく、基本的には「Santen Pharmaceutical Co.,Ltd.」製のものになり、価格は2200~3000円程度となります。

 

オオサカ堂は価格が安く、到着も最短・最速で5日と早いのでおすすめです。

 

  1箱価格(変動アリ) 送料 ショップ 詳細
2200円程度 無料 オオサカ堂 詳細
2300円程度 無料 アイジェネリックストアー 詳細
3500円程度 無料 アイドラッグマート 詳細

 

クラビットの一般的な症状に関する効果

 

※確実な診断を受けるには、医師の診察が必要です。

 

クラビットは抗菌剤の一種なので、主に細菌性の症状への効果が認められているものです。そのため、症状の種類によってはクラビットは効果がなかったりするので、こちらで確認しておきましょう。

 

膀胱炎

 

膀胱炎は膀胱に細菌が入り込んで炎症を起こすものです。しばしばトイレに行きたくなる「頻尿」、排尿時に痛い「排尿痛」、尿が白っぽく濁る「混濁」などの症状が起こります。

 

クラビットは膀胱炎の原因菌に対して効果があり、症状にもよりますがクラビットの500mgのものであれば2~3日間服用することになります。

 

また、膀胱炎は「繰り返しやすい」という特性があります。

 

  1. 体を冷やしたり、ストレスや疲れがたまりやすい
  2. トイレを我慢するくせがある、なかなかトイレに行けない
  3. 糖尿病
  4. 原因菌の耐性化

 

↑は膀胱炎の原因ですが、例えば「トイレを我慢するクセ」があると、いったんクラビットで治しても後で再発する可能性があります。なので、再発を防ぐにはトイレを我慢するのをやめ、ちゃんと毎回尿を出しきって残尿をなくすなどの努力が必要です。

 

また、抗菌剤を中途半端に使い、原因菌がいなくなる前に服用をやめたりしていると、耐性菌ができて抗菌剤が効かなくなることがあります。なので、クラビットで膀胱炎を治す場合も、きちんと必要な服用期間を守り、耐性菌を作らないようにしなければいけません。

 

中耳炎・外耳炎

 

中耳炎は耳の内側にある「中耳」が炎症を起こす病気です。特に子供に多い症状で、3歳までのあいだに8割の子どもが中耳炎にかかると言われています。子供は耳の構造が未熟なので、風邪などを引くと中耳まで細菌やウィルスが届きやすいため、かかりやすいとされています。

 

クラビットは確かに中耳炎に効果がありますが、子供はクラビットの服用はできないので医師の診察を受けて判断してもらいましょう。大人の場合はクラビットで対処する手もありますが、そもそも大人の中耳炎にかかりにくく、もし症状が出てきたとしたらかなり重症の恐れがあるので、いずれにしても医師の診察は受けたほうがいいです。
次に外耳炎についてですが、内耳炎とは違い内側からの影響で症状が出ることは少なく、主に耳掃除のしすぎなど外からの影響が主原因となります。クラビットも効果がありますが、基本的には軟膏などを用いて治療するのでクラビットは少し大げさかもしれません。症状に合わせて選択しましょう。

 

副鼻腔炎、蓄膿症

 

副鼻腔炎には、【急性副鼻腔炎】と【慢性副鼻腔炎】の2種類があります。一般的に、慢性副鼻腔炎のことを「蓄膿症」と呼びます。

 

鼻が痛くなったり、鼻汁が出たりするのが【急性副鼻腔炎】の特徴です。臭いの強い緑色の鼻汁が見られることもあります。急性の場合はニューキノロン系の抗菌剤を使うことが多いため、クラビットも効果があります。一方、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の場合はマクロライド系の抗菌剤が使われるため、クラビットでは効果が期待できないとされています。

 

急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の見分け方はかんたんで、「症状が出る期間」がポイントとなります。

 

  1. 鼻づまり
  2. 臭いのある緑色の鼻汁
  3. 鼻痛
  4. 頭痛
  5. 発熱

 

副鼻腔炎の症状は↑のとおりですが、これが1~2カ月でおさまる場合は【急性】、2カ月以上続く場合は【慢性】と考えていいでしょう。なので、副鼻腔炎の症状が出始めて1カ月程度まではクラビットでの対処もよいのですが、2カ月以上続くような場合は医師の診察を受けましょう。

 

風邪、肺炎、気管支炎、扁桃腺炎など

 

風邪=抗菌剤というイメージがあるかもしれませんが、実は風邪や気管支炎はウィルス性のことの方が多く、抗菌剤が効くかどうかはわかりません。なので、「風邪を引いたから」といって安易にクラビットを飲むのは避けたほうがよいでしょう。

 

同じく、肺炎に関しても「細菌性肺炎」「マイコプラズマ肺炎」ならクラビットの効果が期待できますが、「ウィルス性肺炎」の場合は効果がありません。肺炎はどの種類であっても「咳」や「発熱」など症状が似ており、どの肺炎かを個人で判断するのは難しいので、クラビットを飲む前に医師の診断を受けるべきです。

 

一方、扁桃腺炎の場合は細菌性のことが多いので、クラビットは効果が期待できます。もし扁桃腺炎になりやすいようなら、クラビットを用意しておくのは良い手でしょう。とはいえ、扁桃腺炎は他の症状の予兆として現れることが多いので、症状が重かったり長期化する場合はいずれにしても医師の診察が必須です。

 

まとめると、咳や発熱などの「風邪っぽい」症状は、何が原因なのか判断しにくいので、クラビットを服用する前にいったん医師の診察を受けたほうが無難です。

 

結膜炎、ものもらい(目薬、点眼薬)

 

結膜炎には

 

  1. 細菌性結膜炎(クラミジア結膜炎など)
  2. ウィルス性結膜炎
  3. アレルギー性結膜炎

 

の3種類がありますが、クラビットの効果が期待できるのはこのうち「細菌性結膜炎」となります。なので、結膜炎を繰り返しやすく、抗菌剤で治しているという人の場合は、クラビットの点眼液を持っておくのも手でしょう。

 

一方、ウィルス性結膜炎(アデノウイルス結膜炎、はやり目、プール熱)やアレルギー性結膜炎に関しては、クラビットは効果がありません。結膜炎の症状に合わせて、ウィルス性用の点眼液、抗アレルギー点眼薬などを使い分ける必要があるので、原因が不明の場合はまずは医師の診察を受けたほうがいいでしょう。

 

つぎに「ものもらい」についてです。ものもらい(別名:めばちこ)には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」というまぶたの分泌腺に雑菌が入るパターンと、「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」と言われるまぶたの裏のマイボーム腺が皮脂で詰まったパターンがあります。このうち、「麦粒腫」に関しては雑菌が原因なので、クラビット点眼液などを使うこともあります。

 

「麦粒腫」と「霰粒腫」の違いですが、「麦粒腫」は目が赤く腫れてゴロゴロし、痛みやかゆみ、目やになどの症状が出ます。一方、「霰粒腫」は赤みが少なく痛み・かゆみも少ないといった特徴があります。なので、赤く腫れてかゆみ・目やにが出る場合はクラビットでの対処がよいでしょう。

 

一方、一般的に「霰粒腫」は経過観察が基本となります。ただ、霰粒腫の状態で雑菌による炎症が加わると、「急性化膿性霰粒腫」となって自然治癒が難しくなります。なので、霰粒腫だからといって油断はせず、目の周りを清潔に保った状態で経過観察することを心がけましょう。

 

ニキビ、吹き出物

 

病院でニキビの治療をする際に、クラビットが処方されることはあります。ニキビは皮膚にいる「アクネ菌」と呼ばれる細菌が原因で現れるため、クラビットなどの抗菌剤でアクネ菌を倒すのが目的です。また、クラビットには皮脂分泌抑制作用があるので、アクネ菌のエサである皮脂を抑える役割も果たします。確かに、クラビットを服用している間はアクネ菌の増殖が抑えられ、ニキビが出なくなったという報告もあります。

 

とはいえ、もともとアクネ菌は肌の常在菌で、外部からの病原菌から肌を守る「バリア」の役割も果たしています。なので、クラビットによって減らしてしまうと、バリア機能が弱くなってニキビ以外の肌トラブルを招く恐れがあるという意見もあります。

 

また、クラビットなどの抗菌剤は長期間飲むものではありません。クラビットを服用していっときニキビがなくなるかもしれませんが、クラビットをやめたらまたニキビも元に戻る可能性があります。なので、長期的にニキビや吹き出物を解決したいなら、アクネ菌のエサになる皮脂をコントロールし、アクネ菌のバランスを保ってニキビのできにくい肌を目指したほうがよいでしょう。

クラビットの性病に関する効果

 

※確実な診断を受けるには、医師の診察が必要です。

 

すでに紹介しているように、クラビットは抗菌剤の一種なので、細菌性のさまざまな症状に効果があります。それは「性病」に関しても同じで、細菌性の性病に効果を発揮するのです。

 

ここでは、代表的な性病を例に、クラビットの効果が期待できる症状について解説します。

クラミジア

 

クラミジアは若い女性に多い性感染症で、女性が感染した場合軽い出血や下腹部の痛みなどの症状が出ます。咽頭に感染した場合は、咳が止まらないなどの症状が出ることもあります。また、それほど症状が出ない場合も、不妊早産・流産など妊娠時のリスクも高いため、問題となっています。男性の場合はクラミジアの症状があまり出ないため気づかないことも多く、それが感染拡大の原因になっていると言われています。

 

クラミジアは「クラミジア・トラコマチス」という細菌が原因で起こります。そのため、抗菌剤が治療に使われています。クラビットが効果を発揮する代表的な性病となります。

 

膀胱炎や扁桃腺炎などの炎症と違い、クラミジアは治るまで時間がかかるのも特徴です。特に咽頭クラミジアは治りが遅く、たいていの場合は2週間くらいクラビットを継続して服用することが求められます。もともと症状が出にくいということもあり、数日クラビットを飲んでいると症状が和らいで治ったような感覚になりますが、それでも2週間は飲みきることが重要です。そうしないと、感染しているクラミジアが耐性菌となり、クラビットでは治りにくくなってしまう恐れがあります。

 

また、クラビットに耐性のあるクラミジアに感染する可能性もあるので、クラビットを2週間飲みきっても治らないときは、医師の診察を受けて他の抗菌剤を試すなどの対処が必要です。

 

淋病・淋菌

 

淋病・淋菌は、尿道からうみが出たり、排尿痛や腫れなどがみられる性感染症です。女性の場合、おりものの増加や着色、不妊・子宮外妊娠などの原因にもなります。また、咽頭へ感染する例も確認されています。

 

淋病は「淋菌」と呼ばれる細菌が原因なので、クラビットも効果アリとされていました。しかし、現在出回っている淋菌はニューキノロン系(クラビットなど)の抗菌剤には耐性を持っていることが多く、効き目がない場合が多いようです。また、クラミジアと同じく服用期間が長くなりがちで、とくに咽頭に感染した場合はなかなか治りにくく、2週間程度の服用は必要とされています。

 

クラミジアと違い、淋病の場合はわかりやすい症状があります。なので、クラビットを飲んでもなかなか改善しないという場合は、感染した淋菌が耐性菌であったり、クラビットとの相性が悪いなどの原因が考えられます。淋病に関しては「点滴静注用ミノマイシン」での治療が一般的になっているので、クラビットでイマイチな場合は病院の診察を受けたほうがいいでしょう。

 

梅毒

 

梅毒は感染するとピンク色のあざやしこりなどができる性感染症です。昔は恐れられていましたが、今はペニシリンなどの抗菌剤が登場したことにより、治せる性感染症になりました。ただ、2015~2016年ころから感染者が増加傾向にあり、厚生労働省も注意喚起をしています。

 

梅毒はトネポレーマ・パリダムと呼ばれる細菌が原因なので、クラビットも効果を発揮します。クラミジア・淋病などと同じく、2週間程度の服用をすることになります。

 

また、再発などのリスクもあるので、完治したと思ってもきちんと医師の診察を受け、状態をチェックしたほうがよいでしょう。

 

ヘルペス、HIV(AIDS)など

 

ヘルペスやHIVなどの性病はウィルス性となるため、クラビットは効果がありません。クラビットを飲んでいても副作用のリスクだけを受けることになるので、むやみにクラビットに頼らないでください。

 

ウィルス性の疾病の場合は、抗ウィルス薬の内服・外用をすることになります。医師の診察を受けるようにしてください。

 

クラビットの効果が出るまでの期間・日数

 

クラビットの効果が出るまでの期間は、症状によって変わってきます。多くの場合、クラビットを飲んですぐに効果が出ることはなく、効果を実感するのは服用後2~3日のことが多いようです。

 

病気名 クラビットを飲む期間
膀胱炎 3~5日程度
中耳炎・外耳炎 2週間程度
急性副鼻腔炎 2週間程度
扁桃腺炎 4~5日程度
結膜炎、ものもらい 1週間程度
ニキビ 1週間程度
クラミジア 2週間程度
淋病・淋菌 2週間程度
梅毒 2週間程度

 

各症状とクラビットを服用する期間の一覧が↑です。あくまで目安で、症状によって服用期間は変わってくるので、正確な日数については医師の診察を受けてください。

 

また、本来クラビットを1週間服用しなければならない場合でも、数日程度の服用で症状自体は収まってしまうことがあります。しかし、クラビットは抗菌剤なので、症状が治まったからと言って服用をやめるのは控えましょう。現在、抗菌剤に耐性を持つ細菌の存在が問題になっており、症状が治まったからといってクラビットの服用をはやくやめてしまうと、残存した細菌がクラビットの耐性をもってしまう恐れがあります。

 

↑で上げた日数は、あくまでも「病原菌を根絶できる日数」のことであって、途中で治ったからと言ってやめてしまうと細菌が残ることになりかねません。体が楽になったとしても、しっかりと決められた日数はクラビットを飲み続けることはやめないように注意しましょう。

 

 

クラビット服用のタイミング・時間帯や用法・用量

 

クラビットには、

 

250mg
500mg

 

の2種類があります。クラビットの服用タイミングは、成分の配合量によって違ってきます。

 

クラビット錠500mgの服用タイミングや効果時間

 

クラビットの500mgに関しては、朝もしくは夕食後の1回服用となります。クラビットには下痢や食欲不振、消化不良などの消化器系の副作用があるので、食前の空腹時に飲むと副作用が出やすくなる恐れがあります。なので、原則としては食後に服用することになります。

 

誤ってクラビットを1日に2錠飲んでしまった場合、それほど大きな問題はありませんが、副作用などで大量が優れない場合は早めに診察を受けましょう。通常は、次の日から1錠服用に戻せばOKです。ただし、通常は1日2錠飲んだからといって治りが早くなるなどのことはないので、早く治したいからといってクラビットを多く飲むのは避けたほうがよいでしょう。

 

もし飲み忘れてしまった場合は、思い出したのが食後すぐならそのタイミングで服用し、夜遅くなどであれば次の日にまた1日1錠の服用に戻せばよいでしょう。

 

 

クラビットの500mgの大きさについてですが、直径が最大18mmもあり、比較的大きい錠剤となっています。そのため「大きすぎて飲みにくい」「ちょっとでかい」という感想を持つ人もいます。

 

ただ、クラビットの錠剤を見るとわかる通り、中心に割腺があるため、比較的割りやすいという特徴があります。なので、飲みにくいピルカッターなどを使って半分に割って飲むとよいでしょう。割って飲んでも効果が変わるわけではないので、問題ありません。

 

クラビット錠250mgの服用タイミングや効果時間

 

通常、クラビットの250mgについては朝/夕(食後)の2回を服用することになります。500mgの場合と同じく、消化器系の副作用を考慮して、必ず食後に飲むようにしましょう。

 

250mgの場合、飲み忘れた場合は後で2錠一緒に飲むこともできます。例えば朝にクラビットを飲み忘れてしまった場合は、夕食後に2錠飲んでカバーしてもよいでしょう。そうすれば、500mgを1日に1回飲むケースと変わらないことになります。通常、1回のみ忘れたくらいなら次回1錠飲めばOKですが、2~3回分忘れてしまった場合は2錠をまとめて食後に飲むのでもよいでしょう。
※ただし、クラビットを3錠以上飲むのは避けましょう。また、4回以上忘れてしまった場合は、医師のアドバイスを受けたほうがいいかもしれません。